サービス

調査は量的調査と質的調査に大きく2つに分類されます

定量調査(量的調査)

定量調査はデータ(数字)を集め、その数字のデータから次のステップを考えるための調査です。 定量調査は、こんなことを知りたいときに有効です

  • 現在の仮説を量的に正しいかどうか判断したいとき
  • 競合製品と優位差がどれくらいあるか確かめたとき

定性調査(質的調査)

定性調査はデータ(数字)ではなく、個人の考え、行動から次のステップを考えるための調査です。 定性調査は、こんなことを知りたいときに有効です

  • 定量調査の前に、今の仮説が正しいか方向性を確認したいとき
  • ターゲット・ユーザーの声を生で聞きたいとき
  • 開発している製品、サービスの市場性、可能性を確認したいとき

定量調査と定性調査の分類

その他調査、お客様の課題に必要な調査手法をご提案いたします
詳しくはお気軽にお問い合わせください

TOPへ